2018年7月11日水曜日

づんの家計簿を楽しく続けるための上がる文房具 特選集!


こんにちは!プチロールです

家計簿つけてる?なかなか続きませんよね。
つけないと後で困るということはわかってるのになかなか難しいですね。

私には家計簿なんて無理!と諦めてアプリを使って簡単なお金の出入りだけを集計して、管理していたつもりになってしまいがちです。


そんなある日1人の同僚と家計管理について話をしていた時に
「私、づんの家計簿始めてん!」とこの家計簿の存在を教えてもらいました。
帰宅してからづんの家計簿について調べてみた感想は

これ楽しそう!やってみたい!

形から入るミーハーな私は、早速必要な文具を揃えて初の手書き家計簿に挑戦することになりました!

づんの家計簿とは





づんの家計簿ノート2018の中が見たいとのことでしたのでアップします♡ 1枚目、実際にひと月、書か埋めるとこんな風になります。(収入額や貯金額はダミーです) 2枚目のようにすでにフォーマット済みなので、すぐに本来の目的である収支の書き出しがスタートできます✨ 後ろの方には特別費の予算と実際を書き込めるように表のページもあって(手書きだとこの表作りが大変なのでとても助かります💓)一冊で把握したい一年の収支をまとめることができます♡ 三枚目のようにインデックスシールあります☆ . かさばらない薄さも魅力的です^ ^ お値段もリーズナブルなので ガシガシ書き込んでいけますよー✨ #づんの家計簿 #づんの家計簿ノート2018 #づんの家計簿ノート #家計簿
づんさん(@zunizumi)がシェアした投稿 -



インスタグラムで人気になったというこのづんの家計簿
2015年頃から話題になり今では多くの方がインスタグラムに#づんの家計簿で投稿する程です。
主婦のづんさんが考案したこのオリジナルの家計簿は
楽しく、ストレス無く家計を把握できる家計簿ということ。
毎日買ったものを書くだけで決まった形式もないので、今まで家計簿が続かなかった人もこれなら続いたという人が続出したそうです。

実際に私も一目この家計簿の画像を見て
わぁ!めっちゃかわええ!私もやってみたい!
と少し興奮して、節約が大きな目当てですが、まずは楽しむために始めることにしました。

最低限必要な文具







  • 方眼ルーズリーフ
  • ペン類
  • 電卓
  • 定規類

これだけあればスタートすることができます。
づんさんは方眼ルーズリーフとバインダーは無印良品のA5サイズを使用しています。
私もづんさんにならって同じバインダーとルーズリーフを用意しました。

ペン類はシグノの極細0.28mを使用されているようです。
これも真似して購入しました。
小さな文字をびっしり書くこの家計簿にはぴったりなペンでとっても書きやすい!
さらに、蛍光ペンもあれば後々必要な項目の集計を取る為の目印になるので便利です。

電卓はとにかく税込計算ができるタイプが便利です。
そして毎日使いますので使いやすいものがオススメです。


定規はクリアタイプを用意します。クリアタイプだとルーズリーフの方眼をしっかり確認しながら線を引けるので真っ直ぐに綺麗な罫線を引くことができます。

上がる文具


ではここからはこれがあればさらにテンションが上がり、購入してしまったプレッシャーによって家計簿を止めるに止めれなくするためのオススメアイテムです。

スタンプ&スタンプ台





づんさんも数字のスタンプを愛用されてるようです。
要所で数字スタンプを使うことで一気に可愛い家計簿に仕上がります。




擦れば消える!

このパイロットのフリクションスタンプも用意しました。
そう、フリクションなので擦ると消えます。便利すぎて後から何種類か買い足しました。
私は休日にお金を使いすぎる傾向があったので目立たせるためにスタンプでわかりやすくしています。







せっかくなので可愛いものを使っています。しかもこれ、次に紹介するナカバヤシツールボックスにピッタリ収まります。


ナカバヤシ ライフスタイルツール



これは家計簿を始めてすぐの頃に、ふらぁ~と立ち寄った本屋さんで見つけました。
開けると細かく仕分けが出来て、使い終わったら本棚にしまっておけるという優れもの。


これでB5サイズです。


上が開くのでデッドスペース無し!
三角穴のおかげで上だけ開けることもできます。

家計簿をつける時に必要な細かい文房具は大体この中に入れています。
ツールボックスと紙を出してパパッと書いてすぐにしまえるのでこれのおかげで家計簿を続けれていると言っても過言ではありません。



ふせん




箋も複数あった方が便利です。
づんさんと同じく無印良品の付箋を使用しています。
そして無印良品のマンスリータイプの付箋を使って予定の把握とお金の流れをイメージしやすくしています。
子供の予定もここに書いてさらに便利に使っていきたいですね。

ガンチャートノート




づんさんが応用編として紹介されていたガンチャートタイプのノートです。もちろん続くかわからない段階でしたが購入しました。日本語おかしいですね。
この集計は必須ではないのですが、どの項目にどれぐらい使ったのかを把握したい場合は非常に有益です。
しかもおしゃれだし。


実際に転記してみました。字は汚いけど書くのが楽しい!


自分の知りたい項目だけを仕分けてオリジナルの集計ノートにすることができます。
私はブログが趣味なのでブログに関わるお金についても集計していきます。
改めて確認すると結構使っていた、、、

クリップボード


クリップボードもづんさんが使っているものと同じものを用意しました。
ポケットがあるのがとっても便利です。



これから転記するレシートを一時的に入れておけますし、私はこのポケットに当月分のマンスリータイプの付箋を貼り付けています。月が変わればマンスリー付箋はルーズリーフに貼り付けていきます。



canonの電卓

この家計簿のために新調しました。
シンプルでいいのですが数字を打ち込んでもなかなか反応が悪く何度も計算をし直したりでイライラ。
高いものでは無いのですが一度修理してもらうか検討中です。
づんさんはCASIOのこの電卓を使用しているようです。


これは家計簿や確定申告をする人にもおススメ!12ヶ月+2ポケットがあり月ごとにレシートを分けて収納することができます。

サイズもちょうど良く追加で購入予定です。





まだ実用はしていませんがただ可愛かったので買っただけです。これから使い道を考えます。良い使い方あれば教えてください。








領収書の中でも医療費は税の控除のために分けておきたいのでクリアポケットに入れて入れるたびに金額を付箋に記入していきます。合計10万円になれば医療費控除を申請できますからね。抜かりなしです。(なかなか10万までいきませんが)

番外編:マネーツリー


手書きの家計簿には良い点が沢山あります。そしてアプリにはアプリの良さもあります。
大まかな資産の把握とポイントカードの管理。そしてレシート発行の無い支払いをしたときにマネーツリーに手打ち入力します。マネーツリーは細かい入力や設定が不要なので実はづんの家計簿との相性が良いんです。




これからづんの家計簿に挑戦するのなら、お手軽にすぐに作れる『づんの家計簿ノート』もあるので試しに使ってみても!


こんなステキな文具を揃えて気分を上げて、今まで家計簿が続かなかったあなたも!今度こそ楽しく家計簿をつけて貯蓄も頑張っていきましょう!

では、ここまではプチロール倶楽部がお届け致しました!





0 件のコメント:

コメントを投稿