2018年6月16日土曜日

【ママが選ぶ】ニンテンドースイッチのSDカードおすすめ3選!



本体発売からしばらく経ちましたね。ソフトの本数も増えニンテンドースイッチの本体容量を圧迫してきている頃ではありませんか?

  • スマッシュブラザースやフォートナイトを購入する
  • スプラトゥーンのオクト・エキスパンションを追加する
  • ダウンロード版でソフト購入している

そんな方々にはSDカードは必須アイテムです!


うちの予約していたオクト・エキスパンションをダウンロードする時に容量不足が発覚し慌ててSDカードを購入することにしました。
SDカードは規格の種類も多くてどれを選べばいいのかわかりにくい!
でも安心してください。
以下SDカードから選べば間違いありません。

おすすめSDカードベスト3


3位:HORI microSDカード for Nintendo Switch 


安心の公式ライセンスで安心して使いたい方にオススメ!

転送速度 :スピードクラス クラス10
最大読み出し速度:80MB/秒
最大書き込み速度:15MB/秒
保証期間1年

64GB 価格4,736円(2018/6月時点)



第2位:Samsung EVO Plus microSDカード

スペック、価格ともに◎
複数枚購入して予備に置いといても他の機器でも十分に使える転送規格と十分な互換性。

転送速度 UHS Speed Class3(最低30MB/秒)
最大読み出し速度:100MB/
最大書き込み速度:60MB/秒(128GB以上で90MB/秒)
保証期間10年!

64GB 価格2,299円(2018/6月時点)

公式ライセンスよりこっちの方が安心感が、、、
しかも海水で最大72時間耐えうる防水設計です。
小さい子供さんがいる場合
防水や耐久性は考慮しておきたいポイント。

また海外に持ち出す時は飛行機に乗りますね。
こちらは耐X線なのでニンテンドースイッチでの使用に限らず海外でも安心して使えます。



1位:SanDisk microSDXCカード



保証期間10年!

64GB 価格2,560円(2018/6月時点)

サンディスクの絶大な信頼と知名度は言うまでもありませんが、
量販店シェア第1位ということもあり安心感は大きいです。


そしてサンディスクも放水設計、耐X線。
そして豊富なラインナップによって容量も400GBの大容量もあるので使い方によって
選べるのも魅力。
上位機種を選べば価格はそれなりに高くなりますが
高スペックで保証期間は無期限のものもあります。無期限ってどういうこと!?

microSDカードを選ぶポイント


1:容量

子供のためにニンテンドースイッチを購入したのなら、パッケージ版を購入する時に

わが子はすぐに紛失するだろうな

と、心配な気持ちになりませんでしたか?
とにかく小さくいし、友達の家に持って行かせるのも心配ですよね。

なので子供にはダウンロード版だと失くさないので安心。
無くした、忘れた、取られたなどの
不要なトラブルも防げます。
ですが、ダウンロード版ゲームの容量はかなり大きいです。

スイッチ本体のメモリーは32GBです。その中にダウンロードしたゲームデータを保存します。

1つのゲームで約1GBから大きいもので約30GBもの大容量のものまであります。
さらに追加コンテンツを購入すればさらに容量の空きは必要になってきますね。
本体の32GBなどすぐにいっぱいになってしまいます。

なので大容量のmicroSDカードを選ぶべきということですね。
最低でも64GB、理想は128GB以上のものを選ぶ方が安心です。

2:転送スピード


ゲームをプレイする時の快適さに関わってくるのが転送スピードです。

ゲームデータを読み込む時間が転送スピードに左右されるのですからもちろん転送スピードも速いものが快適に使えるということ。
この規格がmicroSDカード選びをややこしくしていますよね!


SDスピードクラス
こんなマークみたことありませんか?




SDスピードクラス CLASS 10」まで4段階のクラスがあり「SDスピードクラス CLASS 10」は、フルHD動画撮影にも適しています。



UHSスピードクラス

UHSインターフェース対応機器で使用したときに
読み書き時のデータ転送速度が最低 10MB/秒と30MB/秒の2種類があります。




こんなマークです。
スイッチがまさしくUHSインターフェース対応機器ですね。

UHS Speed Class1
UHSインターフェース対応機器で使用したとき
読み書き時のデータ転送速度が最低 10MB/


UHS Speed Class3

(フルHD4K動画撮影対応)
読み書き時のデータ転送速度が最低 30MB/



ビデオスピードクラス

ビデオスピードクラスは、動画撮影のための規格です。
V90V60V30V10V65種類があります。
V30以上のものが4K動画に推奨される転送速度というのが目安です。




ニンテンドー公式サイトでの推奨スペックは以下の通り


  • UHS-I(Ultra High Speed Phase I)対応
  • 読み込み速度 60~95MB/秒
  • 任天堂公式HPより
UHS Speed Class1以上が推奨されていますのでより高速の規格を使うことが快適に使うことに繋がります!

3耐久性

壊れてしまったら大変です!
購入したゲームは再度ダウンロードすれば良いのですがゲーム中のスクリーンショットや動画が消えてしまうということも!(セーブデータは本体にしか保存されませんのでご安心を!)
サムスンとサンディスクについてはかなりの耐久性、防水、暑さや寒さにも強くて安心です。

5保証

大容量を選ぶとどうしても高額になってしまいます。普通に使っていて壊れてしまったら
また高いmicroSDカードを買うのって嫌ですよね。
保証期間もしっかり確認しましょう!

まとめ

今回は子供も取り扱うという点で選んでいます。
まあ、この三種類から選べば間違いないです。
公式ライセンスで間違いなく使いたい人は少し高くなりますがHORIがおすすめ!

それより安くてスペックを重視する人には
サムスン、サンディスクがおすすめです!

私はいつも愛用しているサンディスクの128GBにしましたよ!

では、ここまではプチロール倶楽部がお届け致しました!



ワーキングマザーランキング

にほんブログ村 家族ブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿