2017年5月12日金曜日

子沢山ママが我が子の国立小学校受験を選んだ理由


今年、年長さんになった次女。
そろそろ進路のことも考えなければいけないシーズンになってまいりました。
決めましたよ!とうとう決心しました!

なぜお受験に挑戦することになったのか簡単にお話していきますね。


地元の小学校という選択

当たり前のように地元の小学校に通学させるつもりでいた私でした。
長女も小学校受験などせずに普通に地元の小学校に通わせていました。
ただ、次女の成長と共に受験という選択肢がチラつき始めました。
実はうちの次女は思いのほか勉強が好きということがわかり、親バカな気持ちが膨らんでいくのでした。

今登園している保育園は、幸運なことに幼児教育を熱心に行ってくれる園でした。
担任の先生からもよく褒められ、学習意欲もあります。天才なの!?(⇦親バカ)

親としては是非伸ばしてやりたいと思ってしまいますよね。
ただ、本人が嫌がることを無理にさせるわけにはいかない、、、と悩みながら当の次女に相談してみました。

私「小学校のテスト受けて違う学校行ってみる?」
次女「そうする!」
私「でも保育園のお友達と違う小学校になるよ?」
次女「えっ!じゃあやだ!」



もう5歳、まだ5歳

そうですよね〜
5歳の女の子が将来のことまで考えて決めれるわけもなく、あわよくば「受験がしたい!」と本人に言わせて
子供に決めさせて「あなたが決めたことなのだから頑張りなさい」と責任転嫁するところでした。
それってずるい大人だと思ってしまったんです。皆さんはどう感じますか?

5歳になってから、言葉も増えて(大人にも勝つほど口が達者になってきました)
自分で考えて善悪も、やるべきことなど本当に色々解ってきました。

でも、まだ小学校を卒業する頃までは大人がこっちだよ〜と誘導してあげるべきだと思うのです。

だからお受験

最終的にどうしても違う学校に行きたくない!と心に傷がつくほど嫌なのであれば地元の小学校に進学させることになると思います。
ただ、私も一応親ですので可能性を摘むことはしたくないです。いろんな選択肢を用意してあげたい。なので受験を目指すことにしました!その上で最終的にどうするのか決めていっても良いと思っています。まあ、万が一合格しようものなら説得の鬼になりそうですが。

我が家は子沢山!

そうです!我が家の子供は4人もいてます!しかも長女は今年大学受験なんです。
大家族といえば、やっぱりお金がない!我が家も例外なくビンボーです、、、
(大家族でもビンボーじゃないお宅もたくさんありますがっっ)
ということで私立の小学校は選択肢から消えます。
下の二人も同じ学校に行くことになれば恐ろしい未来が待っています。
コワイコワイ

はい、そうです
残る選択肢は国立ですね。
ということで教育大附属小学校に挑戦します!
そんなに甘くないことは重々承知しております。
しかし娘と高い目標に向かって行く経験!
これは得難いですよね。
そんな貴重な体験をこれから結果までこのブログで公開して行きたいと思います。

同じ目標を持つパパさんママさんの参考になれば、なお嬉しいです。



最後まで読んでくださりありがとうございました

↓ランキングに参加しております 応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

にほんブログ村テーマ 小学校受験を楽しもうへ
小学校受験を楽しもう

0 件のコメント:

コメントを投稿